腰治療のことなら吉原潔の「腰博士」にお任せください。
腰痛のしくみ
腰の病気
腰痛の保存療法
腰痛の手術療法
ホームページ制作

頸椎の病気

頸椎疾患は、大きく2つの病態に分けられます。ひとつは神経根症で、もうひとつは脊髄症です。

神経根症というのは、一側の頸や肩から腕・手にかけて生じる激しい放散痛やしびれ、筋力低下です。その症状は、親指側とか小指側といったように、圧迫された神経根が支配している部位に現れます。その他に頸から肩や背中にかけてのこりや不快感、後頭部の痛みなどを生じることもあります。

脊髄症(頸髄症)というのは頸部痛や両上肢症状の他に、進行してくると下肢の感覚障害、筋力低下や歩行障害、排尿障害や便秘などが出現してきます。両上肢症状の具体的な例は、思うように手指が使えなくなり、箸遣い・書字・ボタン掛けなどがうまくできなくなる巧緻運動障害と呼ばれるものが有名です。脊髄症は症状が軽くても、転倒や捻挫などの外傷をきっかけに脊髄麻痺(四肢麻痺)を生じることがあるので注意が必要です。

上記の2つの病態に加えて、頸椎症や椎間板症という病名を理解してください。頸椎症というのは、頸椎の変形や椎間板の老化などの加齢変化で中年以降に多くみられます。変形性頸椎症という病名は外来で多用されますが、病態を表した的確な病名とは言えません。単にレントゲン上で頸椎に加齢変化が見られ、それとともに頸椎が原因で生じる症状(頸部痛や上肢のしびれなど)を有している状態と言うものです。頸椎(骨)に加齢変化があまりなく、単に椎間板の幅が薄くなっているような場合には頸部椎間板症頸椎椎間板症という病名が付けられます。

神経根症を来たすものには、片側にのみ椎間板が飛び出た頸椎椎間板ヘルニア頸椎症性神経根症があります。厳密には神経根の圧迫刺激が、椎間板によるものを頸椎椎間板ヘルニア、変形した骨によるものを頸椎症性神経根症と呼びます。しかし椎間板ヘルニアは頸椎症の変化がなければ起こりませんので両者を明確に区別することは困難です。激烈な痛みで発症しても2~3週間の内には鈍痛になり、さらに2~6カ月のうちに鈍痛やしびれも徐々に薄れてくるという経過が一般的です。

脊髄症を来たすものには、飛び出方の大きい頸椎椎間板ヘルニア頸椎症性脊髄症頸部脊柱管狭窄症があります。厳密には頸髄への圧迫が、椎間板によるものを頸椎椎間板ヘルニア、変形した骨によるものを頸椎症性脊髄症、もしくは頸部脊柱管狭窄症と呼びますが、これらは区別不能なことも多いです。頸髄という神経の腹側にある靱帯が骨化を起こしているものは後縦靱帯骨化症(OPLL)、背側にある靱帯が骨化を起こしているものは黄色靭帯骨化症(OYL)と呼ばれます。OPLLとOYLはともに難病指定されていますので、医療費の公費負担を受けることができる場合があります(自治体や医療機関にお尋ねください)。

頸椎疾患の検査は、骨棘の発生部位やその大きさをレントゲンやCTで調べ、神経の圧迫状況や脊髄変形をMRIで検査します。必要に応じて脊髄造影や椎間板造影、神経根造影が行われる場合もあります。また、手根管症候群や肘部管症候群との鑑別に苦慮する場合には上肢の外科の専門医に、神経変性疾患(パーキンソン病など)との鑑別に苦慮する場合は神経内科の併診を仰ぎます。覚えておきたいことは、脊髄症で下肢の筋力低下を来たすと歩行がおぼつかなくなりますが、歩幅が狭くなりチョコチョコ歩くような時は神経内科の疾患です。

治療は保存的治療が原則で、最初に行われます。多くは薬物療法や運動療法で様子をみると軽快してきます。症状が激烈で激しい頸部痛を伴う時には、頸椎カラー(コルセット)の着用が試みられます。しかし2~3週間を超えるような長期間の頸椎カラー着用は、頸椎の筋萎縮と可動域低下を進行させますので注意が必要です。著しい筋力低下や膀胱直腸障害など、神経障害が顕著な時には早期に手術を要する場合もあります。

手術は頸の前方から切開する方法と、後方から切開する方法とに分けられます。頸椎前方からは金属を用いた除圧固定術、頸椎後方からは脊柱管拡大術(椎弓切除術・椎弓形成術)と金属を用いた除圧固定術に大別されます。何れの方法でも切開手術に要する入院期間は1~3週間程で技術的にもほぼ確立されたものになっています。当院では上記の切開による方法ではなく、頸椎後方からの内視鏡手術を専門に行っています。腰椎と同じように内視鏡下椎間板切除術(PED)、内視鏡下椎弓切除術(MEL・PEL)です。切開手術と比べて、術後の頸部痛や肩こりが少ないのが特長です。

頸椎PED法(PECD)、頸椎PEL法(PECL)

黄矢印で示された部分が手術により切除され、脊柱管内が広くなりました(PECL)

黄色で塗られた部分の骨を削り、脊柱管内を広げました(PECL)

神経根の脇から椎間板ヘルニアを摘出しました(PECD)

腰痛治療界の「猫の手!」
番外編:頸博士!
教えて!腰博士!
吉原潔のコシコラム
総 計
きょう
きのう