腰治療のことなら吉原潔の「腰博士」にお任せください。
腰痛のしくみ
腰の病気
腰痛の保存療法
腰痛の手術療法
ホームページ制作

枕について

頸椎には枕選びが大切とか、枕が悪いから肩こりになるなどと言われます。しかし寝ていれば誰しもが寝返りを打ちます。夜に寝入ってから朝まで同じ姿勢で動かない人などいないはずです。そうなると寝入りばなに快適ならば、それでよいのではないかと考えるのです。

枕で正しい頸椎カーブを作ることがリハビリ・治療と主張するならば、眠るのではなく覚醒中にしっかりと姿勢を作るべきでしょう。眠っていて意識のない状態でリハビリを兼ねるなんて、そんな虫のいい話があるでしょうか。もうひとつは、たとえばストレートネックがだんだんと治ってきたらそれに合わせて枕も調節していく必要があると思うのですが、最初だけ計測して枕を作りあとは調節や修正なしというのはいかにも理にかなっていないと思いませんか。

極端に高すぎる枕・低すぎる枕、柔らかすぎる枕・硬すぎる枕を避けるのは当たり前のことでしょうが、オーダー枕ひとつで3万円とか5万円などというのは完全に商売に乗せられていると思うのです。それでも「信じるものは救われる」とか、プラセボ効果でも良いというものなのでしょうか。

腰痛治療界の「猫の手!」
番外編:頸博士!
教えて!腰博士!
吉原潔のコシコラム
総 計
きょう
きのう