腰治療のことなら吉原潔の「腰博士」にお任せください。
腰痛のしくみ
腰の病気
腰痛の保存療法
腰痛の手術療法
ホームページ制作

再発ヘルニアの手術

女性 / 57 / 埼玉県

症状のある場所は?

赤が痛み青がしびれを意味します。

症状はいつから? 1ヶ月前から
症状の頻度は? 毎日

困っている症状はなんですか?

2ヶ月程前から右足のお尻にあたりから足の裏にかけてのしびれと
歩く時の痛みで困っています。かかりつけの内科の先生からは坐骨神経痛だといわれ、末梢神経の薬、ビタミンB12、痛み止め薬等を飲みましたが改善されず、整形外科に紹介して頂きMRI検査でヘルニアと言われ手術を考えた方が良いと言われました。手術は患部を金属で固定するものという事でしたヘルニア部分の椎間板もすり減って狭くなっていました。(2ヶ月前からの選択肢がありませんので1ヶ月前からとしておきます)

MRIの所見など医療機関で何と言われていますか?

椎間板ヘルニアと椎間板部分(第5腰椎)が他の所にくらべてかなり狭くなっている。ぐらぐら?しているとのことでした。

ご質問内容

手術はヘルニア部分を取り除く方法と金属で固定する方法があると言われましたが、どちらが良いのかまた他の方法でもできるのか?
ちなみに私は40年前に椎間板ヘルニアの手術を受けています。
今回もたぶん同じところだとおもいます。現在は歩き始めて3分くらいで痛くて歩くのがつらくなると言った状態が2ヶ月以上続いておりますが、やはり手術を選択した方がよいのでしょうか?
以上よろしくお願いいたします。

猫の手の回答!!

ヘルニアの再発に対する手術は、再度ヘルニアを取り除く方法と金属で固定する方法とがあります。その辺は執刀医によっても意見が分かれるところです。しかし、私は自分がされたい治療として患者さんには以下のように勧めています。

(再発と言うのは例えばL4/5ヘルニアならそのレベルでまたヘルニアが出来ることを指します。昔L4/5で手術して、今回はL5/Sと言う場合は再発とは言いません)

左右は問題にしませんが、

同じ椎間板の再発で、そこに不安定性がない場合:再度ヘルニアを取り除く方法

同じ椎間板の再発で、そこに不安定性がある場合:金属で固定する方法

貴方の場合は、金属で固定する方法がふさわしいと考えます。

 

これに関連してヘルニアの初回手術の時にも似たような議論があります。

ヘルニアのある椎間板に不安定性がない場合:ヘルニアを取り除く方法(当たり前)

ヘルニアのある椎間板に不安定性がある場合:ヘルニアを取り除く方法(私なら)

初回から金属で固定する先生もいますが、それはやり過ぎと考えています。ヘルニアを取ることで不安定性が軽減されることもありますから。ただし分離症を合併している場合は別です。

 

リストへ戻る

腰痛治療界の「猫の手!」
番外編:頸博士!
教えて!腰博士!
吉原潔のコシコラム
総 計
きょう
きのう