腰治療のことなら吉原潔の「腰博士」にお任せください。
腰痛のしくみ
腰の病気
腰痛の保存療法
腰痛の手術療法
ホームページ制作

他人事じゃ、かわいそうだよなぁ

女性 / 32 / 埼玉県

症状のある場所は?

赤が痛み青がしびれを意味します。

症状はいつから? 1年以上前から
症状の頻度は? 毎日

困っている症状はなんですか?

1年半前から何もしていなくても左側の臀部、ふくらはぎから指先にかけて強い痛みがあり、痛み止めと湿布が手放せない。ふくらはぎは以前より触った時の感覚が鈍くなってきたように感じる。痛み止めが効かない日もあり、足を引きずって歩くような感じになってしまう。腰痛はほとんどありません。

MRIの所見など医療機関で何と言われていますか?

L5/S1のヘルニアがあるが、排尿障害や筋力低下は出てないし、手術はしなくてすむならしない方がいいから、物理療法にこまめに通って、痛みは服薬・湿布・ブロック注射で対処するよう言われました。また、太っているため、痩せれば良くなるから減量するようにも言われました。よくヘルニアの診断時に行う下肢伸展挙上試験もやりましたが、この時はそこまで痛みがなく足をあげることができることから、手術するほどではないと言われました。

ご質問内容

現在、薬はトラムセットを1日4錠、セレコックスを1日2錠飲んでいます。
物理療法は牽引と低周波を週1〜3日受けています。
ブロック注射は1年ほど前までは月1回のペースで受けていましたが(痛みが出てから半年間、合計6回)、効果が感じられなかったのでやめました。(注射を打った日も痛み止めを飲まないと強い痛みが出てしまう)
体重は79kgから67kgまで落としましたが、標準体重までまだまだなので、減量は引き続きおこなっています。

作用の強い痛み止めを1年半の間毎日飲み続けていることによる体への影響、物理療法にこまめに通っているが効果が感じられないこと、結婚して数年たちそろそろ子供が欲しいので服薬を早くやめたいということを考え、そろそろ手術を視野に入れた方がいいと思っているのですが、担当医は否定的です。
通院中の病院は地元では一番大きな整形外科ですが、手術などはやっていません。

担当医の指示通り、このまま保存療法を続けた方がいいのでしょうか。

猫の手の回答!!

担当医の考え方次第です。

文面から受ける印象では、手術でもいいと思います。

 

以下参考まで

>手術はしなくてすむならしない方がいいから、

それは確かにその通り

>物理療法にこまめに通って、

それは意味ないでしょ!こまめに通うと早く治るなんて論文ありません!

>痛みは服薬・湿布・ブロック注射で対処するよう

それで満足な生活が送れればいいですけど、先生、あなた自分が患者の立場だったらそれで過ごせますか?と逆に聞きたい

>太っているため、痩せれば良くなるから

ほんとかいな?痩せていてもヘルニアの人は沢山いますよ。

リストへ戻る

腰痛治療界の「猫の手!」
番外編:頸博士!
教えて!腰博士!
吉原潔のコシコラム
総 計
きょう
きのう