腰治療のことなら吉原潔の「腰博士」にお任せください。
腰痛のしくみ
腰の病気
腰痛の保存療法
腰痛の手術療法
ホームページ制作

L5/S1のPED法

男性 / 47 / 埼玉県

症状のある場所は?

赤が痛み青がしびれを意味します。

症状はいつから? 1年前から
症状の頻度は? 毎日

困っている症状はなんですか?

5月下旬(3か月前)頃から左臀部から左下肢全体に痺れと痛みが出て、7月から整形外科を受診して、L5/S1のヘルニアと診断されました。

投薬(リリカ、ジクロ、ロルカム、メコパラミンなど)を受け、並行してノイロトロピンの点滴などを続けてきましたが、発症当初の電気が走るような症状はなくなったものの、波のある痛みが1日中続いて、特に朝の時間帯に歩くと、左下肢の所々の痛みがひどく、間欠性跛行(最悪時は50m)になってしまいます。

MRIの所見など医療機関で何と言われていますか?

L5/S1 の椎間板ヘルニア(MRIおよびレントゲン)

ご質問内容

8月終わりからは、仙骨硬膜外ブロックを週1回打ってますが、数日間痛みは和らぐものの、朝の痛みと跛行はおさまりません。
日常生活がまったくできないというわけではないのですが、間欠性跛行の症状によって、実際には通勤や生活に支障をきたしております。私の場合、まだ手術は性急でしょうか?

また、L5/S1のヘルニア手術では腸骨が邪魔してPED手術を行うことが難しいと聞きましたが、できる場合と、できずにMEDにならざるをえない判断の基準は何なのでしょうか?

猫の手の回答!!

PED手術はTF法とIL法の2種類があります。

もともとTF法から始まり、道具の進歩でIL法も可能になりました。

しかしTF法しかされない先生もいます。

理由は技術がないか、道具がないのどちらかです。

私は両方の方法とも行っており、患者さんにに最も適した方法を提案しています。

当院ではL5/S1のヘルニアに対するPED手術は全く問題なく普通にできます。

リストへ戻る

腰痛治療界の「猫の手!」
番外編:頸博士!
教えて!腰博士!
吉原潔のコシコラム
総 計
きょう
きのう