腰治療のことなら吉原潔の「腰博士」にお任せください。
腰痛のしくみ
腰の病気
腰痛の保存療法
腰痛の手術療法
ホームページ制作

腰の病気 > 腰椎分離症

腰椎分離症- 腰の病気

腰椎分離症は小・中学生、高校生のスポーツ選手に好発する腰痛の代表的なものです。腰椎の関節突起間部に生じる疲労骨折が原因と言われています。この病気は腰椎椎間板ヘルニアとの鑑別も含めて、早期に適切な診断をくだし、厳格にコルセット装着を行うことで分離した部分の骨癒合が期待できます。成長期に腰痛がなくても大人になり歳をとってから発見されるパターンもあります。成人の腰椎分離症に関しては、今後も骨癒合することはありません。なかには腰椎すべり症に移行するケースもありますが、ほとんど無症状で経過します。しかし、腰に対する負担が大きいと容易に腰痛や臀部痛が出現することがありますので注意が必要です。

従来の整形外科の教科書には、腰椎レントゲン斜位像で犬の首輪サイン(スコッチテリアサイン)が大切と載っていました。しかしこれが見られる頃にはすでに末期に達しており、コルセットを付けても完治(骨癒合)は望めません。骨が分離する前からMRIで分離症の診断をつけ、CTで病期や骨癒合の判定をするのが一般的になりました。完全に分離してしまえば、側面から見ただけでもわかります。

これは分離症が起こるParsという部分や椎弓根が白く写っているMRIのT2脂肪抑制画像です。

リストへ戻る

腰痛治療界の「猫の手!」
番外編:頸博士!
教えて!腰博士!
吉原潔のコシコラム
総 計
きょう
きのう