腰治療のことなら吉原潔の「腰博士」にお任せください。
腰痛のしくみ
腰の病気
腰痛の保存療法
腰痛の手術療法
ホームページ制作

腰の病気 > 腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症- 腰の病気

腰部脊柱管狭窄症は50歳以降を好発年齢とし、腰・下肢痛をきたす疾患です。おませな方だと30代でも発症することがあります。腰椎には脳からつながる神経が入っている脊柱管というトンネルがあります。そのトンネルが狭くなり、神経が挟みこまれた状態を脊柱管狭窄症といいます。腰椎後方(背中の方)の黄色靭帯が肥厚し、椎間関節という関節が変形して厚くなり、神経を圧迫してきます。典型的な症状は、臀部から下肢の後面を通り下腿部や足まで放散する痛みやしびれで、これを坐骨神経痛と言います。

安静時には症状が無くても少し歩くと痛み・しびれ・脱力感が出現して歩くことができなくなり、しばらく休むと復活するタイプの歩行障害(間欠性跛行)をきたすことが多いです。病状が進行すると下肢の筋力が低下したり、排尿時の違和感や便秘などが起こることもあります。

一番左のMRIで黄色で囲まれた部分、これが正常な神経の太さ(脊柱管の太さ)を表しています。それに対して真ん中のMRIでは黄色の部分がかなり小さい、これが典型的な脊柱管狭窄症のMRIです(馬尾型・中心性狭窄)。元の面積の20%ぐらいしかないと思われます。いちばん右のMRIは神経根を圧迫するタイプの脊柱管狭窄症(神経根型・外側狭窄)で、これもよく見かけます。

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症も原則は保存的治療です。鎮痛薬や血行改善薬の内服や神経ブロックの治療で症状の改善を見ることがあります。しかし骨が変形して生じた狭窄ですので、それがまた時間の経過とともに広くなってくることはなく、そこが椎間板ヘルニアとの違いです。最終的には「我慢の範囲内なら我慢して耐える」か「勇気を出して手術を受ける」かどちらかの選択となります。高齢者では狭窄が2カ所、3カ所ということもよくあります。多くは内視鏡手術で対応可能です。医師の方から手術が望ましいと進言するのは「膀胱直腸障害が出たとき」と「下肢の筋力低下が著しいとき」の2つです。

椎間関節が変形して腹側に飛び出るタイプは、椎間孔狭窄あるいは外側狭窄と呼ばれます(比較的若年者に多い)。内視鏡手術では通常通りに対応可能なのですが、切開手術の場合、骨を削らないと神経根への圧迫が取れないので骨を削ってスクリューで固定する手術になります。後輩の整形外科医がこの症例で困って、やっぱり固定術をしないとダメかと相談してきました。ところが内視鏡で手術して3日で退院できたものですから、すごく喜ぶやらビックリするやら。

リストへ戻る

腰痛治療界の「猫の手!」
番外編:頸博士!
教えて!腰博士!
吉原潔のコシコラム
総 計
きょう
きのう