腰治療のことなら吉原潔の「腰博士」にお任せください。
腰痛のしくみ
腰の病気
腰痛の保存療法
腰痛の手術療法
ホームページ制作

腰の病気 > 内臓に由来する腰痛

外側ヘルニア- 腰の病気

MRIで脊柱管内の神経は全く圧迫を受けていないのに一側の下肢に頑固な痛みを訴える場合には注意が必要です。外側ヘルニアは脊柱管の外にあるので、下肢の鋭い痛みがあっても脊柱管内にヘルニアがないと見逃されてしまうことが度々あります。ですからMRIを撮っていても非常に見落としが多い椎間板ヘルニアであるといえます。

左図をご覧ください。脊柱管内で神経への圧迫物はありませんが、右図のように正中線を引いてよく見ると椎間板は左右対称ではありません。この症例では向かって左に外側ヘルニアがあってそれがひとつ上の高位の神経根(右図の黄色い部分)を圧迫していたのです。それを確かめるには神経根ブロックが有用です。治療は通常の椎間板ヘルニアと同じですが、手術になる場合は内視鏡手術の最も良い適応です。脊椎専門医にとっても外側ヘルニアの診断は見落とす場合があり、まして専門外の医師では思いつかないことすらあるでしょう。

腰椎を横から見た模型で再現してみると、赤く出っ張っているのがヘルニアで、それによって黄色の神経が押されているのがお分かりになるでしょう。完全に脊柱管の外ですね。

これは別の外側ヘルニアの例です。左右で違うのがもうお分かりになりますよね。

椎間関節の直下やhidden zoneと呼ばれる骨の下にある椎間板ヘルニアの場合、内視鏡手術では通常通りに対応可能なのですが、切開手術の場合、骨を削らないとヘルニアが取れないので骨を削ってスクリューで固定する手術になります。一般整形外科医は当然のようにそう宣告しますし、なかには「内視鏡でもこれは無理です」と言われることもあるようです。なるべくなら金属を使わない手術と言うのが私のポリシーですし、内視鏡手術で取れないヘルニアは通常はありませんと言い切れます。

リストへ戻る

腰痛治療界の「猫の手!」
番外編:頸博士!
教えて!腰博士!
吉原潔のコシコラム
総 計
きょう
きのう