腰治療のことなら吉原潔の「腰博士」にお任せください。
腰痛のしくみ
腰の病気
腰痛の保存療法
腰痛の手術療法
ホームページ制作

腰の病気 > 腰椎椎間板症

腰椎椎間板症- 腰の病気

椎間板の変性(老化)により腰痛が生じた状態を腰椎椎間板症(腰部椎間板症)と呼びます。椎間板は体の中で最もよく動く組織のひとつで、早い人では10代から加齢や動的ストレスなどで髄核の水分が減少してきます。それに伴って椎間板の支持性やクッションとしての機能が低下すると、周りの神経を刺激して腰痛や下肢症状を起こすことがあります。椎間板症は椎間板ヘルニアが起こる前の段階であるとも言え、ヘルニアのような神経圧迫がないにもかかわらず症状を出す状態です。

治療は鎮痛剤内服、コルセット着用、理学療法などで保存的に行うのが原則です。長期にわたりひどい腰痛が持続する場合には椎間板造影などの検査の後、固定術が適応になる場合もあります。しかし明らかな神経圧迫や不安定性がないのにスクリューで固定するのは、医師の方にも抵抗があり手術に関しては相当の慎重さが必要です。

リストへ戻る

腰痛治療界の「猫の手!」
番外編:頸博士!
教えて!腰博士!
吉原潔のコシコラム
総 計
きょう
きのう