腰治療のことなら吉原潔の「腰博士」にお任せください。
腰痛のしくみ
腰の病気
腰痛の保存療法
腰痛の手術療法
ホームページ制作

腰痛の手術療法 > 脊椎固定術

脊椎固定術- 腰痛の手術療法

腰椎すべり症、腰椎不安定症、脊柱管狭窄症、腰椎の骨折や腫瘍などで、広範囲に骨を削った場合や椎間関節を切除した場合などでは腰椎を固定する必要があります。早期離床のために椎弓根スクリューなどの金属を用いた固定になります。通常は後方固定と言って背中から切開して手術を行います(後側方固定、後方椎体固定、TLIF、PLIF、CBT)。変性側弯症などでは腹部や横腹を切開して手術を行い(前方固定、XLIF、OLIF)、その後にひっくり返して背中の方からもスクリューで固定します。近年では医療技術が進歩して、背中とお腹を開ける手術を同じ日に行うことが可能になりました(最小侵襲脊椎安定術、minimally invasive spine stabilization: MISt、ミスト)。手術後は、自分の骨が出来てくるまでコルセットを数ヵ月間着用する必要があります。

脊椎固定術を行うと「気をつけ」をした時の背骨のレントゲン写りは抜群に良くなるのですが、固定して部分的に背骨を動かなくした分、他の動く部分への負担が増えることになります。数年すると隣接椎間障害と言って固定を行った隣接椎間(多くは直上の椎間)にヘルニア、狭窄、すべりなどを生じてしまう場合が約半数に見られることが合併症として知られています。しかし脊椎不安定性を伴い、それが症状を引き起こしているのであれば固定術は避けられない選択です。

リストへ戻る

腰痛治療界の「猫の手!」
番外編:頸博士!
教えて!腰博士!
吉原潔のコシコラム
総 計
きょう
きのう