腰治療のことなら吉原潔の「腰博士」にお任せください。
腰痛のしくみ
腰の病気
腰痛の保存療法
腰痛の手術療法
ホームページ制作

腰痛の保存療法 > 腰椎椎体骨折

安静(腰をかばった生活)- 腰痛の保存療法

腰に過度の負担がかかることで筋肉や神経の近傍で炎症が起こり、その炎症ために痛みが出てきます。腰痛があるときには、腰をかばい痛みを感じないような生活を心がけることが大切です。したがってすごく痛むときには横になって安静をとるしかありません。それで腰痛が緩和してきたら無理なく動ける範囲で日常生活を開始します。この「かばいながら無理のない範囲で動く」という心がけは非常に重要です。逆に腰痛が完全になくなるまで安静を保つことは、かえって治療効果を下げてしまい回復が遅くなります。

安静(腰をかばった生活)

リストへ戻る

腰痛治療界の「猫の手!」
番外編:頸博士!
教えて!腰博士!
吉原潔のコシコラム
総 計
きょう
きのう