腰治療のことなら吉原潔の「腰博士」にお任せください。
腰痛のしくみ
腰の病気
腰痛の保存療法
腰痛の手術療法
ホームページ制作

腰痛の保存療法 > 物理療法

物理療法- 腰痛の保存療法

街の整形外科にいくと、牽引、温熱療法、マッサージ、低周波治療法などが頻繁に行われています。牽引療法は筋肉のストレッチおよび筋肉のわずかな伸び縮みによるマッサージ効果があると考えられています。ただし、牽引によって腰痛が悪化する場合もあり、その場合には牽引重量の軽減もしくは中止の必要があります。温熱療法は患部を温めて血管を開き血行をよくすることで筋肉の痙攣を軽減させる効果があります。低周波治療法は、微弱電流を流して筋肉を電気的に収縮させるものです。これらはリハビリと言っても物理療法と呼ばれ、科学的にもどれだけ有効であるかが不明とされています。すなわち何回くらいやるとよくなるといった目安は皆無で、私は「癒し」と考えています。癒されたい方はどうぞ、しかしおそらく癒しだけでは治りません。

リストへ戻る

腰痛治療界の「猫の手!」
番外編:頸博士!
教えて!腰博士!
吉原潔のコシコラム
総 計
きょう
きのう