腰治療のことなら吉原潔の「腰博士」にお任せください。
腰痛のしくみ
腰の病気
腰痛の保存療法
腰痛の手術療法
ホームページ制作

腰痛の保存療法 > 腰博士のオリジナル神経根ブロック

腰博士のオリジナル神経根ブロック- 腰痛の保存療法

正確には神経根ブロック仕立ての硬膜外ブロックです。神経根ブロックとは、ブロック針を神経根に当てる(突き刺す)ことで痛みの再現の有無を確認して診断をつける方法です。神経自体に針を刺すわけですから、その痛みたるや相当のものです。以前にやったことのある人は、すごく痛かったと言います。それに対して私のオリジナル神経根ブロックは、極力神経根に針を当てないような経路で挿入し、神経根と硬膜外腔の両方をブロックします(左下図)。

細く長いブロック針を指先で微妙にしならせ回転させてコントロールし、目的の場所へ誘導します(PED法TFアプローチと同じ)。中には運悪くコンマ数ミリの違いで神経根に針が触ってしまう方もいますが、その際はご容赦ください。この方法は麻酔科の知識と整形外科の知識とを融合させて私が独自に編み出した方法で、おそらく他の施設では実施されていないものと思います。薬液が脊柱管の背側に注入される通常の硬膜外ブロックとも異なり、薬液が脊柱管の前方(腹側)に入ります(右下図)。椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症で神経根障害がある場合には、その場所に直に薬が届くわけです。そのため施行時の痛みが少ないばかりか、多くの患者さんから「今まで効かなかったブロックが、今回は初めて効いた」と言われるのです。

リストへ戻る

腰痛治療界の「猫の手!」
番外編:頸博士!
教えて!腰博士!
吉原潔のコシコラム
総 計
きょう
きのう