腰治療のことなら吉原潔の「腰博士」にお任せください。
腰痛のしくみ
腰の病気
腰痛の保存療法
腰痛の手術療法
ホームページ制作

脊柱管狭窄症の手術

どういう人が手術適応かといえば、画像所見で脊柱管が狭窄していて、困った症状があり、手術を希望する人です。「手術を希望する人」というのが一番大事で、「希望しない人」は当然のことながら手術になりません。脊柱管狭窄症で間欠性跛行(少し歩くと痛くなり休むと治る)や腰痛・下肢痛があっても手術するほどでないと感じられている方や、手術が怖いと躊躇されている方は「手術を希望しない人」に該当します。逆に、これじゃ日々つらくてたまらないとか、こんなにつらいなら生き地獄だと感じて“まな板の上の鯉”になれる方は「手術を希望する人」です。この病気は、年配から高齢の方が多いのですが、私は90歳過ぎであっても内科的に重大な合併症がなければ手術をお受けしています。

手術の方法ですが、私はすべて内視鏡で行っています。それであれば出血量も100cc以下で、輸血を必要とすることはまずありません。手術時間は1ヵ所1時間くらいで2ヵ所までなら対応します。(3ヵ所以上もその患者さんの体力に応じて対応しています)入院期間は症状や手術内容によって変えていますが、原則1週間以内です。費用は3割負担の方で狭窄が1ヵ所で大部屋に1週間入院の場合、18万円前後です。(1割負担なら6万円前後)手術後は当日から歩行が可能です。また高額療養費助成制度を使うともっと安くなります。

 

腰痛治療界の「猫の手!」
番外編:頸博士!
教えて!腰博士!
吉原潔のコシコラム
総 計
きょう
きのう