腰治療のことなら吉原潔の「腰博士」にお任せください。
腰痛のしくみ
腰の病気
腰痛の保存療法
腰痛の手術療法
ホームページ制作

温シップと冷シップの微妙な関係

温シップと冷シップの違いについて多くの方は 「温シップは温める、冷シップは冷やす」と理解しているようですが、これは重大な誤りです。 シップには温めたり冷やしたりといった温度を変化させる効果は一切ありません(あったとしても小数点以下の温度変化です)。 腰に着けた使い捨てカイロに手を当てれば温かいのは当然ですが、腰に温シップを貼っている上に手を当てて温かいと感じるでしょうか? 答えは当然“NO”です。 正しくは温感シップ・冷感シップといい、実際には皮膚が刺激されてそういう感じがしているだけなのです。 成分的にも冷感シップにトウガラシエキスを加えたものが温感シップになります。 したがって温感シップは皮膚の弱い方はかぶれ易いです。 現在のシップの主流は消炎鎮痛剤(痛み止め)とメントールが配合されているもので、パップ剤とテープ剤とがあります。 パップ剤は水分含有量が多いので、温感シップでも冷感シップでも貼るときには体温になじむまでは冷たく感じます。

腰痛治療界の「猫の手!」
番外編:頸博士!
教えて!腰博士!
吉原潔のコシコラム
総 計
きょう
きのう